トピックス

セミナー情報 合同学術集会 市民公開講座(無料)に岸田奈美さんが登壇

ダウン症の弟と車いすの母(岸田ひろ実さん)を持ち、作家・エッセイストとして活躍する岸田奈美さんが、第44回日本小児遺伝学会・第3回日本ダウン症学会・第3回日本ダウン症会議 合同学術集会の市民公開講座で基調講演を行います。動画配信され、どなたでも視聴できます。
2021年11月14日(日)14:45~16:45
○司会:長谷部 真奈見
○スペシャルコンテンツ(動画)
○生活実態調査報告 玉井 邦夫(日本ダウン症協会代表理事)、 玉井 浩(日本ダウン症協会理事)
○基調講演 岸田 奈美(作家、エッセイスト)
「市民公開講座は、視聴開始時間になりますと「つながる」サイト内の「市民公開講座」のページにて視聴ができるようになります。」とのこと
日本ダウン症学術集会ホームページ→メニューの市民公開講座をクリックしてご視聴ください。

セミナー情報 めばえ21 ダウン症の探求と実践 ~伴学プログラム~

開催日:2021年11月28日~2022年1月10日までの全6回
会場:箕面市民活動センター 又はオンライン(選択制)
ダウン症をキーワードに、医療・福祉・教育・心理学・社会 学など、専門領域の講師陣による最新の情報に触れてみませんか? 知的障がいや発達障がいのある状況を、支援する側とされる側という関係ではなく、社会をより 良くするために、共に学びあう者(伴学者)としての意識 を育てましょう。 
【こんなあなたに受講してほしいです!】
家族や友人・知人に障がいのある人がいる
医療や福祉、教育、行政、サービス業に従事している
新しい社会事業のヒントが欲しい
現在、学生として医療や福祉、教育関連の職業をめざしている
知的好奇心が旺盛何 何か社会のためになるボランティアをやってみたい
詳細・申し込みは下記の画像をクリック

映画情報 「僕とオトウト」 大阪で公開!

公開日時:2021年11月6日(土)~11月12日(金)13:45~15:05
※毎回、上映終了後には髙木監督と豪華ゲストによるトークショーも有ります。
上映劇場:シネ・ヌーヴォ(九条)
鑑賞料金:一般1300円、学生800円、シニア1100円、会員1000円(オンラインチケットで購入お願いします)
ヤフーニュース/まいどなニュースでも紹介されています
「わかり合えないならそれでもいい」重度の知的障害を抱える弟との日々を大学院生が映画に
※京都大学大学院で共生人間学を学ぶ髙木佑透監督が、重度の知的障害をもつ弟・壮真にカメラを向けた「僕とオトウト」。幼いときからやんちゃな弟を守りつづけてきた兄は、その弟が大きくなりしばし親の手に負えなくなったいま、将来弟の面倒を見るのは自分しかいないのではないかと思い悩む。それにはまず弟のことをもっと知らなくてはならない。こうしてカメラを通じて弟との対話をはじめた兄だが、障害をもつ弟とのあいだにコミュニケーションは成立するのか。映画を通じて、双方の成長を見届けよう。
※詳細は、僕とオトウト公式ホームページより(下記の画像をクリック)

トークショーのゲストは下記の通り