トピックス

セミナー情報 日本ダウン症協会大阪支部 「成人期セミナー&交流会」

日本ダウン症協会大阪支部では、2022年2月19日(土)に「成人期セミナー&交流会」を日本ダウン症協会会員限定で開催します。
ダウン症者の平均寿命は60歳を超えています。やはり気になることは先々のこと。みなさまが不安に思っていること、こどもたちの将来に向けて行うべきことをみんなで一緒に考え、道筋を探りましょう。
詳細・申し込みは日本ダウン症協会大阪支部ホームページより(下記の画像をクリック)


成人期ダウン症学会 研究助成プロジェクト

2018年度より新たに研究助成審査委員会を創設しました。本助成は、創造的な研究を支援することで、日本での成人期ダウン症に関する研究を更に普及・発展させることを目的とします。国内で研究に従事されているアカデミアの皆さまの積極的なご応募をお待ちしています。
対象研究:成人期ダウン症に関する国内での研究
助成金額:最大100万円/年度(総額)
助成件数:最大3件
応募資格:特になし
応募期: 2022年1月5日(水)申請書のメール必着
※助成金使途の費目は申請書掲載に限りません、内訳を具体的に記入
※詳細資料添付も可
選考結果:2022年2月上旬(予定)までに採択者をホームページに掲載し、各採択者には採択通知を郵送
成果発表:来年度または再来年度の成人期ダウン症研究会にて研究成果を発表
応募先:成人期ダウン症研究会事務局 Mail: adults.ds.society@gmail.com
申請書はホームページからダウンロードしてください(下記の画像をクリック)


行政情報 厚生労働省が2021年の障害者雇用状況の集計結果を公表

厚生労働省では、民間企業や公的機関などにおける、令和3年の「障害者雇用状況」集計結果を取りまとめ、公表しました。障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は2.3%)以上の障害者を雇うことを義務付けています。今回の集計結果は、同法に基づき、毎年6月1日現在の身体障害者、知的障害者、精神障害者の雇用状況について、障害者の雇用義務のある事業主などに報告を求め、それを集計したものです。
集計結果は下記の画像をクリック

セミナー情報 オンライン バリアバリュー 障害を価値に変える

主催:ぜんち共済株式会社 
日時:2022年1月22日(土)10:00-11:45 
会場:オンライン 
講師:垣内 俊哉(株式会社ミライロ 代表取締役社長) 
「人には誰しも苦手なことがある、人には誰しもつらい過去がある、コンプレックスがある。 一見すべてはネガティブなものに見えますが、それはすべて価値になります。人それぞれが持つ経験や視点、感性はそれが必ず強みになるのです。」
詳細・お申し込みは下記の画像をクリック